PAGE TOP

【うち漢方】生理不順の漢方薬|光和堂薬局

|生理不順の漢方薬

症状:生理不順変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、頭皮への血流を促進して、毛根への酸素と栄養分を十分に供給します。おりものや唇の乾燥割れ、頭痛、生理不順などを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(12)

  • 通導散は、骨盤内の停滞物を通じ導き、大腸や子宮、膀胱などの働きをスムーズにします。ホルモンの働きを調整して、生理不順なども改善します。ホルモンと自律神経の働きを調和させます。

    この症状で処方した相談例(9)

  • 加味逍遥散は、ストレスなどで血行が悪くなり、肩こり目の疲れ、手足のほてり、生理不順にも良いです。ホルモンと自律神経のバランスを整える作用があります。

    この症状で処方した相談例(7)

  • 桃核承気湯は、骨盤内に停滞する宿便や古血(瘀血)を排出して、便秘や生理不順、月経血の固まり改善します。骨盤内の血行を促進することで、腰痛を軽減する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、頭部から上半身の火照りやのぼせを緩和します。また、イライラ感や気力の低下、生理不順、排便コントロールの悪さを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 桂枝茯苓丸料は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血行を促進して、肩こりやむくみ、手足の冷え、生理不順などを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 当帰芍薬散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血液とリンパ液の流れを促進して、下肢の冷えや痛みしびれを軽減します。生理不順やむくみを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、肩こりや目の疲れ、イライラ感、生理不順、肌荒れなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 抑肝散は、自律神経の働きを調整して、イライラ感や不安感、緊張感を緩和して、肩こりや高血圧、生理不順などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 大黄牡丹皮湯は、子宮卵巣の働きを調整して、生理不順や便秘、冷え、むくみなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、動悸や不安感、不眠、生理不順などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 芎帰調血飲は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理不順や生理前後の精神的な不安定感を改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→