PAGE TOP

【うち漢方】脊柱管狭窄の漢方薬|光和堂薬局

|脊柱管狭窄の漢方薬

症状:脊柱管狭窄変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 八味地黄丸料は、副腎の働きを高めて、ホルモンの働きを調整して、骨を丈夫にし、脊柱管内の脳脊髄液の流れを促進します。手足のだるさやほてり、しびれなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、首や肩の凝り緊張を緩め、血行を促進します。脊柱管への脳脊髄液の流れを促進し、首肩の筋肉が緩むことで、脊椎に余裕と遊びを作ります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 通導散は、骨盤内に停滞する宿便や古血(瘀血)を去り、骨盤内の血行を促進して、腰痛や坐骨神経、脊柱管狭窄などを改善します。便通を良くする作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 疎経活血湯は、腰部の血行を促進して、痛みやしびれを緩和します。これらで血行を促進して、脊柱管への脳脊髄液の流れを改善して、首肩の筋肉が緩むことで、脊椎に余裕と遊びを作ります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 続命湯は、脊柱管狭窄などで神経の知覚や動きが悪い方によい処方です。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、首や肩の凝り緊張を緩め、血行を促進します。脊柱管への脳脊髄液の流れを促進し、首肩の筋肉が緩むことで、脊椎に余裕と遊びを作ります。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→