PAGE TOP

【うち漢方】子宮の不調の漢方薬|光和堂薬局

|子宮の不調の漢方薬

症状:子宮の不調変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理痛を改善します。さらに、子宮粘膜の機能を高めて、外部からの刺激や変化によるおりものを減らします。静脈血の流れを促進する作用があり、手足筋肉や目などの疲労物質を去り疲れを取る作用もあります。

    この症状で処方した相談例(45)

  • 通導散は、骨盤内の停滞物を通じ導き、大腸や子宮、膀胱などの働きをスムーズにします。ホルモンの働きを調整して、生理不順なども改善します。ホルモンと自律神経の働きを調和させます。

    この症状で処方した相談例(11)

  • 当帰芍薬散は、血を補いながら身体を温め、新陳代謝を高めて、むくみや腰の疲れ、肩こりなどを改善します。子宮卵巣の働きを高める作用もあり、妊娠への体調作りを応援します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 桃核承気湯は、骨盤内に停滞する宿便や瘀血(古血)を排出して、子宮卵巣の働きを助けて、生理不順や生理前後の精神不安、過食、イライラ感、不安感、冷え、便秘などを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 桂枝茯苓丸料は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、血行を促進して、肩こりや目の疲れ、シミそばかすなどを改善します。また、子宮内をお掃除する作用があり、月経血の固まりを減らして行きます。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 芎帰調血飲は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、無月経や子宮内膜症、立ちくらみ、肩こり、気力低下、イライラ感、過食などを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 大黄牡丹皮湯は、子宮卵巣の働きを調整して、生理不順や便秘、冷え、むくみなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 芎帰膠艾湯は、不正出血など子宮や肛門周辺(骨盤内)からの出血を抑えて、貧血を改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

なぜ体質改善に漢方が適しているのか?8つの体質ごとに改善策を堀口和彦先生に分かりやすく解説してもらいました。

子宮の不調の相談例
子宮の不調の生薬
子宮の不調のツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。