風(疾病の外因)|漢方用語

風(疾病の外因)|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>風(疾病の外因)

風(疾病の外因)

風(疾病の外因)についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

風(疾病の外因)


東洋医学の外因とは、自然界の気候の変化によって、外部から発病させる原因のことです。

「風、寒、暑、湿、燥、火」の六種類に分かれます。

風、寒、暑、湿、燥の気は、もともと万物に影響を与える天の気です。これらが過剰に発生したり、不足すると、問題を引き起こします。最近は、温暖化現象のせいか、異常な環境が突然現れることも多くなりました。 このような状態のときに、体の抵抗力が落ちていると、それらが体に侵入し、病気へ移行していきます。

これを、外感病といいます。この病を引き起こす「邪気(じゃき)」と変化する六種類の外因を、「六淫(りくいん)」又は「外邪(がいじゃ)」と呼びます。


風は、五行では「木」、五臓では「肝」と関係しています。外感病の最も多いのが、この風が原因で引き起こされます。いわゆる風邪(かぜ)で、皮毛から人体に侵入し、営気の通りを妨害します。営気が犯されると、発熱、悪寒、汗が出るなどの症状が表れます。

風は陽の邪であり、上に上ります。すると頭痛、鼻づまり、咽頭痛などの症状が現れます。風は、動きやすく、変化しやすい性質があります。時間の経過で、症状が消えたり、現れたりと神出鬼没なことがあります。

風は、六淫の中でも最も重要な発病因子です。また、他の外邪である寒や湿などとともに、病を引き起こします。風と寒が同時に入ると、やっかいなことになります。風、寒、湿の三邪で私たちを襲うときは、下部から侵入し重大な病気をもたらすことも。

東洋医学の古典では、自然の風が想定されていました。しかし、産業の発展によって、エアコンなどの空調による風も悪さをするようになりました。この場合は、痛みやしびれなどの神経を刺激することもあります。冷房病などは、この典型ですね。自然環境への対応だけではなく、オフィスなどの室内の変化にも気を付けてください。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.