肺|漢方用語

肺|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>肺

肺についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。



東洋医学でいう「肺」は、西洋医学の肺以上の働きをします。肺は、五行でいうところの「金」です。「金」は、金属や鉱物の特徴である、鋭くて、乾燥しています。また、サラサラとして清らかに印象でしょうか。では、具体的にどんな働きがあるのかみていきましょう。

すべての気をコントロール


『素問』では、「諸々の気は、皆肺に属す。」としています。呼吸を通じて、天の陽気を体内に取り入れる役割が一つ。この陽気に、脾胃の働きによって、飲食物から得た陰気を合わせます。結果は、「宗気、衛気、営気」と「水」「血」となります。

このうち営気と血は、脈中を流れ、衛気と水は、肺の働きで全身に分配されます。それに、両親から受け継いだ「原気」が重なって、体中にすべての気が巡るのです。

心が血を巡らし、肺が気を巡らせることで、すべての臓器、器官、組織が活性化します。肺は、別名「気の本」といわれています。肺の動きが正常なら、呼吸はゆったりとしています。全身の気が充実していて、発生にも艶が出ています。

正常でないと、咳、痰が出たり、短気になったり、か細い枯れたような声になります。

皮・毛をコントロール


肺は、衛気と水を体中に巡らすことで、皮や毛に栄養と潤いを与えます。肺の状態がよければ、皮膚は潤い、外部環境の変化に反応します。適度に収縮、弛緩を行い内部環境を保護します。例えば、寒い風が吹けば、皮膚を引き締め、産毛を伸ばして応戦します。

正常でなくなると、乾燥、湿疹、浮腫などが出てきます。

鼻と密接な関係


肺は、鼻を通じて天の陽気を体内に取り込み、古くなった気(濁気)を排出します。匂いをかぎ分けます。また、鼻の中を適度に湿らせ、鼻腔内を清潔に保ち、異物を入れない役割を果たします。

肺の働きが悪くなると、鼻腔内の水分が減少して、鼻が詰まったり乾いたりし、匂いをかぐ能力も衰えます。肺は、単に呼吸をするだけでなく、気、血の巡回に大きく貢献するとともに、胃から肺に送られた水を、肺が吸水ポンプになって、全身に散水します。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.