人体の分類|漢方用語

人体の分類|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>人体の分類

人体の分類

人体の分類についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

人体の分類


陰陽論や五行説をもとに、東洋医学の人体は、大きく3つに分類されます。

・気の類
・形の類
・経絡(けいらく)の類

気の類(陽に属す)


体内のエネルギーとして働くもので、「精」「気」「神」に分類されます。

「精」とは、気や形の類の源となるものです。(先天の精、後天の精、広義では水、血など)
「気」とは、体内に充ちて活動を起こすものです。(元気、宗気、営気、衛気など)
「神」とは、生命活動を統率するものです。(神、魂、魄、意、志など)

形の類(陰に属す)


体の構造を形づくるもで、五臓を中心にした「臓腑」や組織を指します。

「臓腑」とは、体内にある臓器類です。(五臓、六腑など)
頭や手足などを構成するものとして、「五主」皮、肉、脈、筋、骨、「五華」毛、唇、面、爪、髪、「五根」鼻、口、舌、目、耳があります。

経絡の類


気血の通路のことです。臓腑と結ばれていて、頭や体感、手足、体表部と連絡しています。「経脈」「絡脈」「経穴」に分類されます。

「経脈」とは、体を通る主要な気・血の通路です。(十二経脈、奇経八脈など)
「絡脈」とは、経脈より分かれた細い気・血の通路です。(十五別絡など)
「経穴」とは、体表にある気が出入りする場所(ツボ)です。(正穴、奇穴、天応穴など)

体内には、「形の類」がどっしりと存在し、「経絡の類」を通じて、「気の類」が走り回るというイメージです。私たちの体は、有形無形のエネルギーが常に循環しています。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.