十二経脈|漢方用語

十二経脈|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>十二経脈

十二経脈

十二経脈についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

十二経脈


気血が流れる「経絡」は、「経脈」と「絡脈」に大きく分かれます。はじめに体を縦に流れる十二の「経脈」からみていきましょう。

十二経脈


経脈は、陰・陽で分類され、陰は「太陰、少陰、厥陰」の三陰に、陽は「太陽、陽明、少陽」の三陽に分けられます。手、足それぞれに三陽三陰の経脈が割り振られて、全部で十二あります。

そして、それぞれの陰経は臓と、陽経は腑と連結していて、すべてが一本の環となってつながっています。
(①→②の順で、⑫→①で循環しています。)

・手の三陰(①手の太陰肺経  ⑤手の少陰心経  ⑨手の厥陰心包経)
・手の三陽(②手の陽明大腸経 ⑥手の太陽小腸経 ⑩手の少陽三焦経)
・足の三陽(③足の陽明胃経  ⑦足の太陽膀胱経 ⑪足の少陽胆経)
・足の三陰(④足の太陰脾経  ⑧足の少陰腎経  ⑫足の厥陰肝経)

奇経八脈


気血は、十二経脈を巡っていますが、気血が満ちあふれると奇経に流入します。これは、川の流れが増水したときに、その水が氾濫しないようにするための路です。湖や沼のような役割なのかもしれません。以下の8つです。

督脈、任脈、衝脈、帯脈、陰維脈、 陽維脈、陰蹻脈、陽蹻脈

十二経脈のように、臓腑と関係することはなく、陰陽の関係もありません。

その他の経絡系



・十二経別・・・経脈から分かれて出て、経脈に戻ります。
・十五別絡・・・十二経脈などから分かれる大きな絡脈です。
・十二経筋・・・十二経脈の流れる筋肉や関節などを巡ります。
・十二皮部・・・十二経脈の流れる体表部の皮膚の領域です。特に、経脈の気が現れやすい皮部を、経穴(ツボ)といいます。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.