寒(疾病の外因)|漢方用語

寒(疾病の外因)|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>寒(疾病の外因)

寒(疾病の外因)

寒(疾病の外因)についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

寒(疾病の外因)


寒は、冬の主気で、「五行」では水、「五臓」では腎と関係しています。

冬になると気温が下がり、寒邪が体内に侵入しやすくなります。また、冬でなくても汗をかいて風に当たると、体温が奪われ寒邪を受ける原因になります。寒邪の原因や、それによって引き起こされる病状について説明します。

陰の邪気


寒は、陰の性質を持っています。寒邪が体に入るとどうなるか。体内の陽に影響を与えて、相対的に陽の力が衰えてバランスが崩れます。陽気が損なわれると、体を温めたり、体表にある防御機能が弱くなって、悪寒などの症状が出ます。

気血の渋滞


寒邪が陽気を損なうことから、陽気によって動いていた気血や水の動きが鈍ってしまいます。その結果、経脈内の気血が渋滞を起こして、その体表部分に痛みが現れます。

気の収縮


寒邪の侵入で、体内の気が弱まり、経脈や筋肉が収縮してしまいます。その結果、ひきつれが起こります。また、皮毛に入ると、毛穴は閉じ、悪寒、発熱、無汗といった症状が現れます。

臓腑を犯す


寒邪は、臓腑を攻撃することがあります。寒邪が脾・胃を犯すと、お腹が冷え、痛み、嘔吐や下痢の症状が現れます。腎や膀胱を犯すと、頻尿になります。

人工の寒邪


自然界にはない寒邪もあります。エアコンなどによって寒が邪気となることがあります。特に、夏の冷気は、自然界とは異なるもの。病因となる可能性が高く、まさに現代病です。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.