気の思想|漢方用語

気の思想|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>気の思想

気の思想

気の思想についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

気の思想


「気の思想」とは、宇宙の誕生から生物の命までのすべてを「気」が支配しているという考え方です。中国の古典で整理された「気の思想」を簡単にまとめてみました。

天地万物の始まり


宇宙  ~ 形がなく混沌とした広がりがある。
気   ~ 混沌とした広がりの中から気が生まれる。
陰陽気 ~ 気は、清く軽い陽気と、重く濁った陰気に分かれる。
天地  ~ 陽気は上って天となり、陰気は下がって地となる。
万物  ~ 天地の陽陰から四季が生じ、人などの万物が生まれる。

人の生命と活動


生命  ~ 父親の陽、母親の陰の精気を受け、一つの命の誕生です。
生後  ~ 天の陽気と地の陰気を体に取り入れることで、活動ができます。
生死  ~ 陰陽の気が調和すれば健康、崩れれば病気、喪失は死です。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.