六腑|漢方用語

六腑|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>六腑

六腑

六腑についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

六腑


五臓六腑の「六腑」について説明します。

六腑とは、「胆、胃、小腸、大腸、膀胱、三焦」を総称していいます。基本的には、飲食物の通路となり、栄養を消化・吸収し、不要物を排出する役割を担います。



胆は、少し例外です。飲食物の通路ともなりません。また、胆汁(精汁)の貯蔵と分泌を行って、脾・胃の消化吸収を助けます。胆汁は、「肝」の余った気が集まったものです。

胆は、体の中央に鎮座し、他の臓腑の活動を監視しています。そして、それらの活動の適否を判定する役割があり、心の落ち着きに関係します。大胆さ、勇ましさが落ち着きに通じています。胆気が強ければ、精神的なストレスにも負けません。



胃は、「脾」とともに飲食物の消化・吸収を行い、気を全身に送ります。臓腑、手足などの全身の活動を支えています。胃の不調は、胃痛、あいき(げっぷ)、どんさん(胃液の逆流)や胸やけなどの症状が表れます。

小腸


小腸とは、長く伸びた、はらわたを意味します。細い部分が小腸、太い部分が大腸です。胃から送られた飲食物の残り物を、水分と固形物に分けます。水分は、膀胱へ、固形物は大腸へ送ります。

大腸


大腸は、小腸から送られた不要物を、肛門から排出します。大腸の働きが異常になると、下痢、便秘などが生じます。

膀胱


膀胱とは、小便袋を意味します。肺、脾、腎、三焦の働きで体の中を巡った水分は、膀胱に蓄えられ、尿として排出されます。調子が悪くなると、水分の貯蔵に支障がおこったり、排出がスムーズにできなくなります。下腹の腫れや痛みなどから、膀胱炎などにつながります。

三焦


三焦は、少し異質で、特定の器官ではありません。飲食物を消化吸収し、気・血・水を全身に配布、水分代謝を円滑に送る機能としての位置づけです。なお、三焦は、上焦・中焦・下焦に分かれ、役割が異なります。

上焦は、横隔膜から上の部分で、陽性の衛気を巡らします。皮膚や体毛に栄養を送り、体温調整に一役買います。中焦は、横隔膜からへそまでです。胃の中の飲食物の精気を、営気と血として経絡を通じで配布します。下焦は、へそから下の部分です。主な役割は、不要な水分を膀胱にしみ込ませるものです。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.