心|漢方用語

心|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>心

心についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

五臓六腑を統括


心には、「神(気)」が宿されています。私たち人間にとって、不可欠なのが神。神がなくなると死へ。このことから、神を宿す心は、五臓の中でも最重要な位置にあります。「君主の官」(最高指導者)」といわれています。

神は、知覚、記憶、思考、意識、判断などの精神状態を安定させ、五臓六腑の調和を保ちます。調和をとることで、言語や動作、表情などの意識活動を安定させ、心拍動、呼吸、消化吸収、排泄などの無意識活動をスムーズに進めます。

血を統括


心は、脈を介して栄養分である血を全身に届け、身体の器官活動を支えます。

顔の色つやに反映


顔色がよい人は、心の働きがうまくいっている証拠です。

舌の運動を統括


心は、舌の運動を支配し、味覚を感じます。心に宿っている神は、外部に向かって発信するときは、言葉を使います。言語活動は、舌の運動が必須要件です。心が衰えると、味覚がなくなってきたり異常を来し、言語障害となります。

液は汗


心は、五行の「火」に属します。火のエネルギーによって、水は温められ、汗となって排出されます。心がしっかり働いているときは、運動後に程良く汗が出ます。不完全になると、無汗や多汗な状態になります。

なお、心だけでなく、心を包んでいる「心包」も重要な器官です。心を攻撃しようとする外部からの邪を、心包が防御します。西洋医学で心臓病としている多くは、東洋医学では、心包の病ととらえています。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.