神気|漢方用語

神気|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>神気

神気

神気についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

神気


「気の類」の「神気」について説明します。

「神気」とは、その語源から、私たち人間が認知できない不思議な現象を指します。気の思想を根幹とする東洋医学では、この概念を人体にも当てはめました。体内の「神気」は、五臓の中に収まって、生命活動を統制している気とされています。

細かく分類すると、「神、魂、魄、意、志」となります。



五臓の「心」に収まっています。神気の中の最上位に位置しています。神は、生命現象そのものであり、すべての人体の活動を、意識的に支配するものです。例えば、心拍動や呼吸をコントロールし、見る・聞くなどの知覚活動、思考・判断などの精神活動のほか、運動、言葉、表情などを統率します。

神が安定すると、当然ながら心身ともに健康になります。逆に不安定になると。。。(最後はコントロールが効かず、神が消滅すると死へ。)素問「神を失う者は死し、神を得る者は生くるなり。」



神が意識層に働きかけるのに対し、「魂」は無意識層に働きかけます。いわゆる「たましい」です。人の死後、肉体から離れて、しばらく当たりを浮遊し、天に昇る陽性の霊とされています。五臓の「肝」に収まり、人の本性を支えています。

「魂」は、睡眠時や高熱時など神の支配が薄れた場合に、夢や幻想、幻覚という形で現れます。「魂」が傷つけられると、自信喪失になったり、現実と非現実の境界が曖昧になり、人格の崩壊が起こります。



「魄」も同じ「たましい」です。しかし、陰性の霊として、人の死後は地に還るとされています。本能や肉体と密接な関係があります。「魄」は五臓の「肺」に収まり、人間の本能的な行動や日常作業をコントロールします。また、痛みやかゆみなどの感覚をもたらし、注意の集中などに関係します。

「魄」が衰えると、注意力散漫となり、物覚えが悪くなります。皮膚間感覚もなくなり、他人への思いやりのある行動ができなくなります。



日本語の「思う」や「覚える」に当たります。五臓の「脾」に収まり、記憶や思考を含んだ心をコントロールします。この「意」ですが、傷つけられると、まさに心が痛み、苦しみます。



文字どおり、「こころざし」です。五臓の「腎」に収まり、人生の目的をもつことに関与し、思いを持続する働きがあります。「志」が傷つけられると、記憶の忘却がなされます。

霊枢:「志意は、精神を卸し、魂魄を納め、寒温に適い、喜怒を和すゆえんの者なり。」



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.