水(すい)の失調|漢方用語

水(すい)の失調|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>水(すい)の失調

水(すい)の失調

水(すい)の失調についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

水(すい)の失調


水の不足と、水の停滞が原因で病気になります。

水の不足


水の絶対量が足りない病理現象です。水の生成不足や使いすぎ、発散や排泄の多さなどがあげられます。

水の生成不足の原因としては、飲食物の摂取不足、その逆の食べ過ぎなどが大きなウェイトを占めます。また、辛いもの、熱いものをたくさん摂りすぎることも一例です。情緒が安定しないことや、過労などによる脾胃の機能が低下することも原因となります。

水の消耗や発散過多の原因としては、過労や発熱による過度な発汗があげられます。水が体外に出れば、体内にある水が少なくなります。排泄過多というのは、主として大小便によるものや頻尿などがあげられます。

病証では、目、鼻、唇の乾燥がまずあげられます。毛髪の艶がなくなる、皮膚にハリがないなどの症状がみられます。また、口の渇きが頻繁にあったり、尿が少なく、便秘がちになります。

水の代謝と運行の失調


水の代謝と運行には、肺、脾、腎、膀胱、三焦などの臓器が影響を与えます。これらの臓器が調子を壊すことで、水の運動に悪影響を与えることになります。

水の代謝と運行の原因は、これらの臓器のうち一つが調子を崩すことです。また、臓器は、互いに永久を与えあってバランスしています。このバランスが乱れれば、水に影響を与えることにものなります。

病証では、体の表面部で失調すると、水が皮膚と肌肉の間に停滞し、水腫ができます。尿としての排出が上手にできないと、体内に水腫ができます。お腹の中の場合は、腹水がたまることも。

また、停滞した水によって、湿飲や水湿といった水が貯まる症状が現れます。特に、重くて冷たい余分な水である湿痰となります。こうなると、むくみが目立ちます。呼吸困難、心悸亢進、下痢、関節の屈伸が困難になることも。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.