PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

脾について教えてください。

回答

元気に生活するためには、持って生まれた生命力に、パワーを常に充電していく必要があります。この充電に力を発揮するのが東洋医学でいう「脾」です。五行では「土」に当たります。植物が、土から栄養や水分を補充している様子をご想像ください。

では、脾の働きを5つご紹介します。

○営気の宿
脾は、胃と一体となって働きます。飲食物の消化吸収から、後天の気となるパワーを取り出す役割を担います。取り出した後は、「肺」へ運び、気・血・水に変化させて全身に送られます。

脾の働きによって、吸収し分配する栄養物には営気が入って、その運行をコントロールします。営気とは、後天の気(誕生後のエネルギーです。)から得られる陰性の気のこと。血とともに脈中を流れ、血が脈外へ漏れるのを防ぎます。

脾が上手に役割を果たさないと、消化吸収に影響が出て、腹痛や下痢などの症状が増えます。元気が出なく、倦怠感を覚えることになります。血が脈外に漏れれば、出血、血便、血尿などが起こります。

○肌肉を司る
『素問』では、「脾は身の肌肉を主る。」とあります。脾は、液を隅々まで行き渡らせることで、肌や肉に張りを与えます。不調になると、肉付きに異変がおき、痩せ、無力感が出てきます。

○口との関係
脾と関係するのが、口や唇。『霊枢』では、「脾気は口に通ず。脾和すればすなわち口は能く五穀を知るなり。」とあります。

飲食物を取り込むために、重要な器官です。唇の厚い薄いは、その人の脾の強弱に関係します。口が苦かったり、粘ったりする場合は、脾が弱っている証拠です。口内炎ができたり、食欲のなさも脾の調子が悪いと思ってください。食事をおいしく召し上がれる方は、脾胃の調子もよい状態ですね。唇の色つやもいいはず。

○水をつくる
脾は、水穀(飲食物)から水を吸収して肺に送ります。その働きが悪いと、水の不足や滞りが生ずることで様々な体への影響を与えます。

また、下から上へのエネルギーを発することで、臓腑や器官が下がらないようにする働きもあります。内臓下垂が起こると、無力感が生じたり、慢性的な下痢を起こします。

○唾液は、脾の液
唾液によって、口中は潤い、水穀を口に入れたときに胃の消化を助けます。脾の働きが悪くなると、唾液の量が減り又は出過ぎて消化を悪くさせます。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?