PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

火(疾病の外因)とは?

回答

火は、暑以外の外熱を指します。「五行」では火、「五臓」では心と深い関係があります。また、体内の熱が盛んになりすぎると、内因性の火邪が生じます。

○陽性の邪気
火は、上に向かう性質があります。高熱、口の渇き、顔面紅潮、目の充血などの症状が現れやすくなります。心に影響を与えると、不眠や意識障害、うわごとなどの症状も出てきます。

火が炎上すると、何も食べていないのに苦みを感じたり、歯ぐきの腫れや舌がただれたりすることがあります。組織が火邪によって、炎症を起こすのです。

○水の損傷
火邪は、体の陰や水を消耗させます。これらが損傷すると咽喉の乾きや唇の乾きに始まり、尿の量が減り色も濃くなります。便秘などの症状も。また、火邪によって気が消耗すると、倦怠感、精神疲労、脱力感をおぼえます。

○肝に影響
火邪が肝を攻撃して、筋脈が十分に栄養をもらえなくなると、肝風が生じます。これには、高熱、昏睡、うわごと、頸項部の強直、角弓反張(弓のように反り返ってしまう状態)などの症状が現れます。また、火邪が脈絡を損傷すると、動血現象として、吐血、咳血、鼻血、血尿などの異常な出血があります。

○化膿しやすい
火邪が深く血に入り込むと、局所的に血肉を腐食します。そうなると、患部は化膿してにきびなどができやすくなります。また、局所的が発熱することもあります。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?