PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

八綱病証(病位、病情、病勢)について教えてください。

回答

東洋医学では、病気になっている患者さんの体質を「証」としてとらえます。病気の証なので、「病証」といいます。ここでは、古典的な証の取り方を解説します。まずは、「八綱病証」から説明していきます。

八綱とは、病の深浅(病位)、病の性質(病情)、病の勢い(病勢)を、陰陽の概念によって、表裏、寒熱、虚実に分けるというものです。

表・裏(病位) × 熱・寒(病情) × 実・虚(病勢) = 八綱

表熱実証、表熱虚証

表寒実証、表寒虚証

裏熱実証、裏熱虚証

裏寒実証、裏寒虚証

この「八綱病証」は、疾病の持つ共通性を分析するための方法で、鍼灸治療では虚実補瀉法の決定に重要なものとなります。

○病位の違い

東洋医学では、外邪が体表部から体内へと侵入した際、その位置によって病態が異なるとみます。この病位の違いによって「表証」「裏証」「半表半裏証」に分類されています。

・表証
表位とは、体の最も浅い部位のことです。皮膚や皮下表層、四肢や頭部、肩と背の部分を指し、ここに病が存在する場合を表証といいます。ほとんどは、病気の初期の段階に現れます。悪寒、発熱、頭痛、腰痛、関節痛、脈が浮くなどが代表例です。

・裏証
裏位とは、体の最も深い部位のことです。腸管やそこに隣り合う臓器類のある部位を指し、この病位に病いが存在する場合を裏証といいます。ほとんどは、発病後、一定の経過を経てから現れます。悪寒、口の渇き、便秘、腹痛、下痢、舌苔厚、脈が沈むなどが代表例です。

・半表半裏
半表半裏とは、表と裏の中間の位置です。横隔膜の隣の臓器類のある部位を指し、この部位に病いが存在するときを半表半裏証といいます。病いが表位を過ぎて、裏位に到達する間の状態です。往来寒熱、胸の苦しみ、口が苦くなったり、のどの渇き、脈はぴんと張った弦のようになります。

○寒熱
寒や熱は、体内の陰気、陽気が盛んになったり、衰えたりすることで生じる病情です。勘違いしないでいただきたいのは、単なる体温ではないということです。

「寒」とは、自覚的には冷えを感じることです。他人が触ると冷たく感じます。代表的な症候は、悪寒、手足の冷え、顔面蒼白、寒性の下痢、小便の色が薄くて量が多いなどです。唇は白っぽくなり、舌苔も白くて湿っています。脈は遅くなる傾向にあります。

「熱」とは、自覚的には熱感があることです。他人が触ると熱い感じがします。代表的な症候は、発熱、顔のほてり、小便の量は少なく赤濁しています。口の渇きを覚え、舌苔は黄色くなります。脈は速くなる傾向にあります。

○虚実
虚や実は、疾病の過程で、邪気と生気が戦っている現れなのです。東洋医学独特な考え方です、体質にも関係しています。

「虚」とは、生気の不足によって起こります。邪気に対して、生気の抵抗力が低下していることから、体内での正と邪の間での激しい戦いはありません。疾病の後期や、慢性の病証などに多くみられます。

体質的なものとしては、か細く、胃腸が弱く、汗をよくかく、無力にみえる方によくみられます。代表的な症候は、呼吸や言葉の勢いが弱い、下痢気味、小便の量が少なく、筋肉に弾力がないなど。痛いところをもむと、気持ちよく感じます。

「実」とは、邪気の勢いが強いことによって起こります。この場合、邪気だけでなく、生気も比較的旺盛で抵抗力も強いので、正邪間の激しい戦いが行われています。疾病の初期や中期、血や水の停滞している病証によくみられます。

体質的なものとしては、がっちりとしていて、胃腸が丈夫、生命力旺盛な方に多くみられます。呼吸や語気は強く、汗をかきづらく、便秘、小便の回数が少なく、筋肉に弾力があるなど。痛いところをもむと、悪化し痛みを感じます。

○陰陽
八綱病証である「表裏、寒熱、虚実」を総括する考え方に、陰陽があります。また、すべての疾病を陰陽の二面性で識別するという診断方法です。

「陰」とは、生体反応が沈滞、減弱している病情です。陰証といいます。顔面蒼白、沈うつ、言葉少なく、悪寒や冷えを訴えるなどです。

「陽」とは、生体反応が発揚、増強している病情です。陽証といいます。顔色紅潮、活気があり、おしゃべり、炎症、充血、発熱などの症状が生じます。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?