PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

肺の病証について教えてください。

回答

肺の機能としては、呼吸によって気を吐き、水と気を全身に散布します(宣発)。また、呼吸によって気を吸い、水を腎や膀胱に送ります(粛降)。そのほかにも、水や血の通りを調整します。

肺が病むと、これらの調整機能が衰えることになります。では、主な肺の病証について、みていきましょう。

○機能の失調
この病証は、肺のメインの調整機能が崩れるものです。

原因は、外からの攻撃である外邪によるものと、内側からの湿痰によるものがあります。肺気の「宣発」が失調すると、呼吸に影響が及び、咳、くしゃみ、鼻づまりなどの症状が起こります。また毛穴などが詰まり、汗が出ないといった症状が現れます。

「粛降」に問題が生じて肺気がつまったり、逆上すると喘息(ぜんそく)に移行します。水の流れが滞ると、浮腫(むくみ)症状が現れます。外邪の影響を受けると、悪寒や発熱などの表証の症状を伴います。

○肺気虚
この病証は、肺の機能が減退した病証です。

慢性の咳によって肺気を損傷したり、脾虚によって起こるものです。また、汗のかきすぎによって、汗とともに気が外に漏れて肺気を傷つけることも。無力な咳、喘息、熱くないのに出る汗などが、主な症状です。

肺気虚によって宗気(後天の気と天の気が混ざって胸に納まっている気)が弱まると、呼吸機能が衰えていきます。息切れなどの症状に。体表部の衛気が不足すると、汗が出て、感冒に発展します。水の代謝に問題も起こします。

○肺陰虚
この病証は、肺の陰液が損傷し、虚熱が発生して粛降ができなくなるものです。本証は、虚熱証です。

長期にわたる咳や熱病、そして燥邪(乾燥した邪気)が原因です。から咳、咽頭の乾きなどが症状として現れます。

陰虚による潮熱(潮の満ち引きのように定期的に熱が出る)、五心煩熱(手掌・足底がほてり胸の部分でそわそわして落ち着かない状態)がみられます。痰に血が混じることもあります。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?