PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

腎の病証について教えてください。

回答

腎の役割を確認しましょう。母親から受け継いだ「精=先天の精」は、腎に貯蔵されています。これが腎によって活性化されたのが、元気です。また、腎は、全身の水分代謝をコントロールするとともに、骨を丈夫にする働きがあります。

腎が病気になると、発育の遅れや生殖機能に障害など、生の存続に関わる問題が生じます。では、具体的にみていきましょう。

○腎精の不足
腎にある精(腎精)が不足すると、発育の悪化や性機能の障害、もって老化が早まるといった現象が起こります。

さて、腎精の不足は、発育時期によって症状が異なります。乳幼児や幼児期では、発育障害に。思春期では、精気の成熟に影響を与えることに。

男性では、精液の生成に影響を及ぼし、女性では、初潮が遅れたり乳房の未発達などが生じます。壮年期では、インポテンツや不妊症など、老年期では腰や膝が弱り歩行に影響を与えたり、難聴や老眼が進行します。

また、腎精の不足は、骨内にある髄の発育を阻害します。結果として、発育の遅れ、性欲減退、耳鳴り、難聴、めまい、健忘症などが現れます。

○腎陰虚
この病証は、腎の水が不足した状態です。原因は、精の不足はもとより、過度な房事(セックス)です。また、出血、驚嘆、恐怖などもこの病証に影響を与えます。

主な症状として、腰や膝の軟弱化、めまい、耳鳴り、五心煩熱です。

なお、腎陰が虚す(陰が少なくなる)と、多くの臓腑や組織に水が行き届かないことに。そうなると、合併症となって表面化していきます。不眠、多夢、のどの渇き、便秘、五心煩熱、午後に起こる潮熱(潮の満ち引きのように定期的に熱が出る)などがあげられます。

○腎陽虚
この病証は、命門火衰ともいわれています。精神状態の不振や、性機能の減退、生育能力の低下が生じます。

原因としては、老化による腎気虚、房事過多などです。他の臓器の陽虚から波及することもしばしば見受けられます。

主な症状は、四肢の冷えなど、寒さを強く感じます。冷えによって、脾の運動が低下すると消化が悪くなり、下痢などの症状が出てきます。女性では、不妊症にもなります。

○腎気虚
この病証は、腎の固摂機能(血や水の通路を外れないようにする)が低下して起こります。早漏、尿漏れの他、女性では流産がしやすい体になります。腰や膝の軟弱化や耳鳴り、難聴も起こります。

もう一つ、腎の納気機能(気を腎に納めること)が低下して起こります。喘息、呼吸困難、息切れなどの症状が出てきます。もともと先天の精が少ない方は、養生して後天の精で補いましょう。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?