PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

六経の病証について教えてください。

回答

古典「素問」の熱病篇において、外感病の症状と結びつけて体系化したものです。陰陽を基本として、臓腑経絡の病理の変化を6つに類型化しています。

○太陽経病
熱病は、陽の一番強い太陽経に外邪(寒邪)が入り込み、太陽経の頭頂部が痛み、腰の当たりがこわばる症状が出ます。

○陽明経病
陽明経に外邪(寒邪)が入り込み、経絡上にある目や鼻に影響が出ます。目が痛み、鼻が乾くという症状です。

○少陽経病
この外邪(寒邪)が、少陽経を襲い、経絡のある胸の脇を通り、耳に至ります。胸脇痛や耳に影響を与えます。

○太陰経病
上の3つの陽の経絡までで、邪気が臓器に至らなければ発汗によって治癒が可能です。しかし、病気が進行し、太陰経に邪気が入り込むと、胃や咽喉に影響を与えます。お腹が張り、咽喉の乾きを訴えます。

○少陰経病
さらに病邪が進行すると、少陰経が病に犯されます。この経絡は、腎を貫き、肺を通って舌の根本に到達し、口や舌が乾燥してきます。

○厥陰経病
病気の最後は、厥陰に達します。厥陰経は、陰器(生殖器)を巡って肝に障害を与えます。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?