PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

東洋医学の診察方法について教えてください。

回答

東洋医学の診察方法を「四診」といいます。四診とは「望・聞・問・切」の4つの診察方法を意味しています。

○望診
目で見て情報を集める、いわゆる視診です。体格や皮膚の様子、髪の毛の様子など外見や表面からわかることを対象とします。このなかの特別なものとして舌をみる「舌診」があります。

○舌診は、東洋医学的な診察のなかで大変重要で、体全体のいろいろな情報を教えてくれます。舌の状態を体全体の状態に置き換えて、全身検査のつもりでみています。舌の厚みや、舌の表面を被う舌苔の様子から、体の水の様子を探ります。

・余分な水が多いと舌苔が厚くなり、舌自体もぼてっと厚くなります。(湿熱タイプ)
・水が少なくなると薄っぺらい舌になり、表面を覆う舌苔もなくなります。(陰虚や血虚タイプ)
・元気がなくなると舌の張りがなくなり、ふやけた舌になります。(気虚や陽虚タイプ)
・舌の色が白っぽいのは熱が少ない状態です。(陽虚や血虚タイプ)
・元気がありすぎたり、熱がこもると赤い色になります。(気滞タイプ)
・舌先だけ赤いときは寝不足や風邪の場合があります。(陰虚タイプ)
・熱がこもると舌苔の色は黄色くなります。(湿熱タイプ)
・舌が紫色なのは血液の流れの悪さを示しています。(血瘀タイプ)

そのほかに、舌の裹からは血液の流れの様子がわかります。静脈が太く盛り上がるようにふくらんで、枝の先まではっきりみえるような状態は、流れが滞っている証拠です。

舌は、体全体の位置関係も示していて、舌の根っこは体の下の方、舌先は頭の方を示しています。舌の縁は体の表面を意味して皮膚の状態を、舌の真ん中から根っこにかけては、体の真ん中を意味しますからおなかのあたりの様子を反映します。

○聞診
聴覚や嗅覚を通して情報を収集する方法で、声の様子や口臭、体臭などを対象とします。元気の様子や全体的な雰囲気のうち「気配」といったものを感じ取ることができます。

○問診
体にいろいろな症状を、問いかけることによって把握する方法です。予診票などで情報を集めることもします。病気の成り立ちの様子や、詳細な体の状態を知るうえで重要な診察法です。東洋医学の診察では、この部分に一番時間をかけます。

○切診(触診)
手や指で直接触って触覚で情報を集める、いわゆる触診です。皮膚の潤い度や温かさ、張り具合などを対象とします。おなかを触る腹診や手首の脈を取る脈診も切診の一つです。脈の動きや強弱からは情報を手に入れます。東洋医学にとっては大事な診察方法です。

脈は、ただ速さを測定するのではなく、脈の力強さや脈の大きさ、脈が深い所にあるか浅い所にあるかなどを注意深く探って、体の状態と関連させて判断材料にします。手首に3本の指を当てて脈を診ますが、手首に近いところから肘に向かって、それぞれ寸(すん)脈、関(かん)脈、尺(しゃく)脈と呼んでいます。

手首に近い寸脈からは体の表面の働きの様子を、肘に近い尺脈からは体の深いところにある働きの様子を探っています。次のように左右両方から、それぞれ違った体の働きの情報として判断材料を集めています。

・右寸=肺
・右関=髀
・右尺=腎陽
・左寸=心
・左関=肝
・左尺=腎陰

このように、東洋医学の診察では、体の情報を人間の五感を使って集めます。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?