PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

鍼灸(しんきゅう)とは?

回答

鍼灸とは、経絡(けいらく)上のツボに、はりやお灸で刺激を加えて体を調整する治療方法です。

「気」が体を流れるときには、経絡という通り道を通ると考えられています。鍼灸治療は、この経絡上の要所に、物理的な刺激を加えて、それらの流れをよくしたり体の働きを高めたりします。

経絡は体中に張り巡らされていて、それらは体の特定の働きや臓腑と関係しています。異常が起きている機能や臓腑に直接症状がみられず、関連する経絡上に症状がみられることも多いため、症状が起きている場所から原因を推測したり、治療法を考えることもあります。

鍼灸治療は、触診によって異常を見つけ、病気の状態を分析します。刺激する場所は、経絡の上にある「ツボ」です。刺激に対して特に敏感に反応します。お灸のツボで有名な「足三里」や、武道家なら誰もが知っている「丹田」は、こうしたツポの名前の一つです。

国際基準では、ツボは体中に361あるとされています。自分で触ってみても把握することができます。例えば、皮膚の感じがほかの部分と違っていたり、軽く押したときにしこりや痛みを感じるところが、問題のある症状がツボに表われているのです。気持ちがよいと感じるならば、そこを押したりマッサージすることがツボ治療になります。

なお、鍼灸治療は、病状が出ているツボに直接はりやお灸をせずに、そことは遠く離れたツボを刺激することがよくあります。経絡に沿ったツボを刺激して、その経絡の「気・血」の流れを整えることで、体の働きを調整するのです。足ツボマッサージなども同じ原理です。足の裏に、内臓を調節するツボが集中しているので、そこを刺激するというものです。

鍼灸療法には、病気に対する判断や体の状態の把握など、専門的な知識が必要です。また、鍼灸の効果は速効性のあるものが多いため、判断を間違えて誤った治療は避けなければなりません。

また、漢方薬と鍼灸治療を併用する例も出ています。飲み薬と外部刺激で、ダブル効果が期待できるというものです。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?