PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

人間は自然の一部とは、どういうことですか?

回答

東洋医学の最大の特徴は、「人間を自然の一部」としてとらえることでしょう。私たち人間を自然界の動植物たちと同様に、自然と調和を図りながら生きていると考えるのです。人間を特別扱いしている西洋医学とは、大きく異なります。

まずは、四季と人間の調和です。

「春」は若葉の芽吹く季節です。私たちも何かウキウキするような気分になるものです。
「夏」は暑く植物も元気旺盛になります。元気いっぱいに活動したくなる季節です。
「秋」は実りの季節です。活動も抑えぎみになり、冬に備えた身支度する気分になります。
「冬」は木々も葉を落とし寒さに耐えます。私たちも心静かに過ごす日が増えます。

一日を例にとってみましょう。

朝は、日の出とともに一日のスタートのタイミングです。昼は、太陽も全盛期。私たちの活動も活発化します。日の入りとともに、活動も抑え気味となり、夜は睡眠の時間です。これは、太陽の光に合わせて、私たちの体内時計のリズムも連動して動いているからです。

月単位では、女性の月経というリズムでお分かりいただけると思います。

また、私たち人間には、厳しい環境から体を保護するしくみが備わっている点も確認しておきましょう。このしくみのおかげで、変化の厳しい自然環境から体の状態を変化させ、体の内側を守っています。自然の変化に合わせることに加え、心と体のバランスを調節する力を、私たちは備えています。

○東洋医学が考える自然の法則
「人間は、自然と調和しながら生きている」と考える東洋医学では、人間の体も自然界にみられる「木・火・土・金、水」といった要素と、同じ性質で構成されていると考えます。

体の中で、自然界の「木・火・土・金・水」に対応するのが「肝・心・脾・肺・腎」です。太陽が自然界全体を温め、土が植物を育てる土台をつくるように、「心」が体を温め、「脾」が食べ物を分解して体に必要な養分を蓄えます。

これらは有機的につながり、互いに刺激しあいます。「相生・相克」です。各機能の働きが過剰になったり弱まったりしないように、お互いに調節し、調和を保っているのです。

また、水は冷たくて重い、熱は動きやすく上に行く、風は突然起こり早いなどといった、自然と同様な現象は、同様に休の中でも起きると考えます。水が過剰になれば足がむくみ、冷えますし、熱が出ると頭がボーっとします。

○西洋医学の病気のとらえ方
西洋医学では、健康を検査の正常値で判断します。健康診断や人間ドックのデータ管理がその例です。もちろんデータで管理することは重要なことです。しかし危険なのは、検査数値が基準値を超えると病気の扱いをとるこ

西洋医学に依存した医療機関が、最近は積極的に漢方薬などの東洋医学の治療を取り入れはじめているのは、まさに自然の流れなのでしょう。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?