不安|症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】

不安|症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】こころ>不安

不安の漢方薬(処方一覧)~題名を選んでください。


抑うつ不安で窒息感の症状の漢方薬? (48歳 男性)

加味帰脾湯

加味帰脾湯は、人参など含まれ胃腸の働きを高め、消化吸収を改善します。遠志や酸棗仁、竜眼肉が血を補い、精神作用を安定化します。
 

イライラ・不安・不眠で産後に合う漢方薬? (30歳 女性)

芎帰調血飲

芎帰調血飲は、産後の消耗した血液や体液を補い、心身の余裕を付けます。ホルモンと自律神経の働きを調和させる作用もあります。
加味帰脾湯
加味帰脾湯は、血虚を改善する作用あり、不安感を緩和して睡眠の質を高めます。

不安感めまい頭痛で耳の詰まりの漢方薬? (36歳 女性)

苓桂朮甘湯

苓桂朮甘湯は、めまいや不安感、動悸にも良いです。
女神散
女神散は、ふらつきめまいの他に、耳鳴りや耳閉塞感を取ります。

いぼ痔と首周りの汗や足の冷えの漢方薬? (56歳 女性)

柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡加竜骨牡蛎湯は、大腸を潤し便通を良くする作用もあります。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。

パニック障害で食欲がなく息苦しい漢方薬? (25歳 女性)

加味帰脾湯

加味帰脾湯は、胃腸の働きが低下し消化吸収力が低くなり、低血圧やめまいを引き起こす脾気虚に有効です。温胆湯より胃腸への負担が少ない処方です。
香蘇散
香蘇散は、のど風邪などに使う漢方ですが、紫蘇や香附子が入っており、気の巡らしを良くして気滞を改善し、呼吸を楽にします。

ふらつき・食欲不振の漢方薬? (44歳 女性)

六君子湯

六君子湯は、胃腸の働きを整えます。
香蘇散
香蘇散は、自律神経の働きを整えます。また、のど風邪やリンパの炎症にも使いますが、肩こりや頚椎の緊張を和らげる作用があります。紫蘇と香附子が、精神的な緊張や不安感を緩和する作用もあります。

慢性的な息苦しさでパニックの漢方薬? (31歳 女性)

半夏厚朴湯

半夏厚朴湯は、鼻炎などアレルギーにもよいですが、のどから胸の緊張感を鎮めます。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。

ストレスによるイライラ・不眠症の漢方薬? (28歳 女性)

女神散

女神散は、めまいやのぼせを改善する作用もあり、脳のもやもや感と気と血を取り除き、頭をすっきりとする作用があります。
柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、少量ですが大黄が入っていますので、便通を良くする作用があります。排便をスムーズにするためには、頭に上った気と血を下げます。

息苦しさや頭痛・ふらつきなどの漢方薬? (20歳 男性)

香蘇散

香蘇散は、のどや気管、食道など、のどから胸の緊張を弛めて、呼吸をしやすくします。ゲップや胃の膨満感を和らげる作用もあります。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張を緩和して、ストレスや不安から来る、過喚気や動悸、めまいなどを緩和します。

西洋薬でも眠れない不眠の漢方薬? (62歳 女性)

加味帰脾湯

加味帰脾湯は、血虚を改善する作用あり、不安感を緩和して睡眠の質を高めます。
桂枝加竜骨牡蛎湯
桂枝加竜骨牡蛎湯は、陰虚を改善して、心を潤し心身の緊張感を和らげます。

1  2  3  4  5  6  7  8  

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.