PAGE TOP

【うち漢方】足三里(あしさんり)|光和堂薬局

|足三里(あしさんり)

  • 足三里が所属する経絡

    足の陽明胃経

足三里の効能

胃腸などの内臓機能を整え、体力を回復・向上させる効果があります。

慢性胃炎や食欲不振、吐き気、二日酔いなどのほか、乗り物酔い、のぼせ、冷え、尿もれ、しみ・そばかすなどの治療に用いられます。全身の調和を調整し活力をつけるツボでもあるため、だるい・疲れやすいといった全身症状の改善に効果的です。

高血圧症、倦怠感や、うつ状態、心の症状が原因で起こるだるさ、老化によって起こる疲れやすさなどを改善したい場合に有効です。

足三里の位置

ひざにある皿(膝蓋骨)の下の外側の「犢鼻」から、親指の幅三本下がったところにあります。

「犢鼻」と足首の前面中央のくぼみにある「解渓」を線で結んで、「犢鼻」から親指の幅三本分下がったところにあります。

足三里の由来

「足」は、足にある三里を意味しています。三里は手と足にあり、手三里と区別するために、足三里と呼びます。「三」は、このツボが鼻の下三寸の位置にあることを示すものです。「里」は「居場所・道のり」を意味します。「憤鼻」から三寸の位置にあるツボという意味になります。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(一部執筆)しています。参考文献