PAGE TOP

【うち漢方】大陵(だいりょう)|光和堂薬局

|大陵(だいりょう)

  • 大陵が所属する経絡

    手の厥陰心包経

大陵の効能

胸痛や動悸など心臓病に関連した症状に効果を発揮します。胃痛や嘔吐などの消化器の疾患や、指や手首の痛みの緩和に用いられます。

また、わきの下やのどなどのリンパ節のはれ、関節リウマチ、頭痛、発熱、血尿など、多くの症状に効果があります。

大陵の位置

手のひらを上にして、手首を手前に曲げると、横じわ(手関節掌側横紋)ができます。大陵は、この手関節掌側横紋の中央にあります。

大陵の由来

「大」は、大きいのほかに、崇高という意味もあります。「陵」は高くそびえている丘の意味です。このツボは腕の関節部(手関節部)掌側にあって、その場所が小高い丘に似ていることから大陵と呼ばれています。