PAGE TOP

【うち漢方】大椎(だいつい)|光和堂薬局

|大椎(だいつい)

  • 大椎が所属する経絡

    督脈

大椎の効能

アレルギー体質の人は、このツボの刺激に特に敏感です。嘔吐、鼻血、首や肩こりに効果があります。

また、片頭痛や痔、鼻風邪、胃腸障害、喘息、子どもの虚弱体質の改善など、幅広い症状に用いられます。湿疹、じんましん、にきびや吹き出物、抜け毛、円形脱毛症といった皮膚症状にも効果を発揮します。

大椎の位置

首を前に曲げると、首の後ろの後正中線上に最も突出する骨(第7頚椎きょく突起)があります。大椎は、この突起の下のくぼみにあります。

大椎の由来

「大椎」とは、大きな椎骨を意味しています。頚椎の7番目にある骨を指します。「大」には、尊い、偉い、重要などの意味があります。このツボは、椎骨の大事なところにあるツボということから、その名が付けられました。