PAGE TOP

【うち漢方】会陽(えよう)|光和堂薬局

|会陽(えよう)

  • 会陽が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

会陽の効能

生殖器や泌尿器に関連した症状に効果を期待できます。特に、痔の特効ツボとして知られています。尾骨のちょうど先端にる長強とあわせて治療すると効果があります。

痔の原因の一つは、肛門周辺の血行が滞ることによって起こりますが、このツボを刺激すると、肛門周辺の血行がよくなり、痔の痛みが和らぎます。肛門の病気では、脱肝にも効果がありす。このほか、慢性的な下痢や血便、インポテンツ(ED)、おりものの異常、坐骨神経痛などに効果があります。

会陽の位置

殿部で、尾骨の下ヘりから親指の幅半分外側にあります。

会陽の由来

「会」は、出会いを意味します。「陽」は、陰陽のうちの陽気を意味します。膀胱経と督脈という、陽に属する二つの経絡が出会う場所に位置しています。尾骨をはさんで、尾の前側にある「会陰」と対応しています。