PAGE TOP

【うち漢方】附分(ふぶん)|光和堂薬局

|附分(ふぶん)

  • 附分が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

附分の効能

首筋や肩、背中のコリを取り除くのに、使用します。特に背骨がかたくなる強直性脊椎炎に効果を発揮します。この病気は、加齢によって脊椎と脊椎の間の水分が減少し、かたくなるものです。

そのため、背中を後ろにそらせなくなったり、体を横向きにしづらくなったりします。胸部が強く圧迫されるので、胸苦しさや咳、息切れ、動悸などが起こります。

そのほか、肋間神経痛や風邪に効き、精神をリラックスさせる働きもあります。

附分の位置

上背部、背骨の第二胸椎きょく突起(椎骨の後端が突出している部分)下縁をはさんだ両側で、真ん中(後正中線)から親指の幅三本分外側にあります。このツボは、肩甲骨の内へりにおおわれている場合が多いので、肩甲骨を開くようにして探します。

附分の由来

「附」は、「つく・寄り添う・傍ら」の意味です。「分」は、「離れる・分かれる」という意味です。附分は、膀胱系の第一側線の傍らを分けて下る第二側線の最初のツボという意味で付けられました。