PAGE TOP

【うち漢方】風池(ふうち)|光和堂薬局

|風池(ふうち)

  • 風池が所属する経絡

    足の少陽胆経

風池の効能

頭痛、体の節々が痛い、発熱などの風邪の症状に対する特効ツボです。ほとんどの風邪は、風池を刺激すると治ると言われています。また、中風、めまい、立ちくらみ、乗り物酔いなどに効果があります。目の疲れにも有効です。

さらに、円形脱毛症や月経障害、月経痛の治療にも使われます。

風池の位置

首の後ろの髪の生えぎわで、僧帽筋という二本の太い筋肉の両外側をわずかに離れたくぼみにあります。

「天柱」の少し上の外側を目安にるとよいでしょう。指でもむと、耳の後ろから頭の両側にかけて、軽い痛みが走ります。

風池の由来

「風」は、風の邪気を意味します。「池」は、池のようにたまる場所を意味します。このツボ名は、風の邪気がたまる場所を表しているわけです。東洋医学(漢方)でいう邪気とは、病気の原因のことで、寒・暑・風・湿・熱・燥・火の七つがあります。

そのうちの「風邪」が人体の中に入って、池のようにたまるところが風池です。