PAGE TOP

【うち漢方】腹結(ふくけつ)|光和堂薬局

|腹結(ふくけつ)

  • 腹結が所属する経絡

    足の太陰脾経

腹結の効能

腹部の機能を整える働きをもつツボです。お腹が張って痛む場合、下痢や便秘が続いている場合の特効ツボとして知られています。

特にみぞおちの痛みや下痢を伴う場合や、腹部のしこり、おへそを中心にして締め付けられるような痛みがある場合などに有効です。

このツボは、便秘の改善効果が非常に高いことで知られています。そのため、便にともなってできたにきびや吹き出物の治療、あるいはダイエットなどにも効果があります。

腹結の位置

下腹部、おへそから親指の幅1.3本分下がり、その部分の真ん中(前正中線)から親指の幅四本分外側にいったところにあります。

ここを指でさぐると、縦に線状のすじが感じられます。

腹結の由来

「腹」は、ツボのある場所を示します。「結」は、集団、結び目、くくるといった意味があります。腹部のしこりや痛みの治療に関係の深いツボです。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(一部執筆)しています。参考文献