PAGE TOP

【うち漢方】外関(がいかん)|光和堂薬局

|外関(がいかん)

  • 外関が所属する経絡

    手の少陽三焦経

外関の効能

腕や手の神経痛や関節の痛みやむくみの緩和に使います。これは、外関が三焦という経絡に属し、水分代謝に深く関与しているためです。体がむくんだようで元気が出ない場合には、外関を刺激すると、むくみが改善されて元気が出てす。

また、水分の代謝を促進する働きは、循環器系の病気にもよい効果をもたらし、動悸や息切れ、胸痛などの治療にも効果を発揮します。

そのほか、難聴や耳鳴り、頭痛、胃腸の病気、めまいなどにも効果を発揮します。

外関の位置

手の甲を上にして、手首の中央からひじの方に向かって、親指幅二本分上がったところにあります。この部分で触れる二本の骨(とう骨と尺骨)の間にあります。

外関の由来

「外」は、外側の意味です。「関」は仕切り、かんぬきを意味し、気血が出入りする要所であることを指しています。外関という名前は、前腕の外にあって、気が出入りする重要な場所であることを表しています。