PAGE TOP

【うち漢方】頷厭(がんえん)|光和堂薬局

|頷厭(がんえん)

  • 頷厭が所属する経絡

    足の少陽胆経

頷厭の効能

目の疾患やめまい、耳鳴り、子どものひきつけの治療などに用いられます。

また、片頭痛など頭痛の治療にも効果があり、とくに後頭部の痛みに効きます。そのほか顔面のまひやこわばり、三叉神経痛、手・腕の痛みにも効きます。

頷厭の位置

額の角の髪の生え際を、親指の幅半分上がったところにある「頭維」というツボの少し下にあります。もみあげにある「曲鬘」と、頭維を結ぶ曲線上で、頭維から四分の一のところにあります。

頷厭の由来

「頷」とは、頭を下げてうなずくという意味です。「厭」は、煩わしい、厄介であるという意味です。このツボは、うなずくことができないほどの項頚部の痛みや頭痛を治すことから、この名が付きました。