PAGE TOP

【うち漢方】郄門(げきもん)|光和堂薬局

|郄門(げきもん)

  • 郄門が所属する経絡

    手の厥陰心包経

郄門の効能

手や腕の機能を調節するツボです。このため、腕のしびれや痛みなどの改善に効果があります。また、循環器系の症状に対してはとくに効果が高く、動悸や息切れ、胸部の不快感、胸痛などによく用いられま。自立神経の興奮を鎮め、精神を落ち着かせる場合にも有効です。

胃腸の病気やむち打ち症などにも、このツボが活用されることがあります。

郄門の位置

前腕の前、手関節の手のひら側にできる横じわ(手関節掌側横紋)中央の上で、この掌側横紋上にある「大陵」から、ひじの「曲沢」に向かって、親指の幅五本分上がったところにあります。大陵と曲沢を結ぶ線上の中間点から、親指の幅一本分下がったところになります。

郄門の由来

「郄」は、間、隙間を意味しています。「門」は、出入口を意味します。つまりこのツボ名は、骨や肉のすき間にあるツボで、気血が集まりその出入口になっていることを示しています。