PAGE TOP

【うち漢方】五枢(ごすう)|光和堂薬局

|五枢(ごすう)

  • 五枢が所属する経絡

    足の少陽胆経

五枢の効能

寒けを感じ、下腹部がひきつるようなときに効くツボです。冷えから腹痛を引き起こしたときに有効です。また、冷えからくる腰のだるさなどにも使えます。そのほか、坐骨神経痛による足腰の痛み、婦人科系の疾患にも用いられます。

五枢の位置

下腹部、おへそから親指幅三本分下ったところにある「関元」と同じ高さで、「帯脈」から親指の幅三本分だけ下がった前下方にあります。

関元を基準した水平線と、帯脈を基準とした垂線が交差する場所になります。

五枢の由来

「五」は、体内にある五蔵を指しています。「枢」は、上と下をつなぐ、要(かなめ)のことを意味しています。このツボは、五臓の気が集まる要の場所なので、五枢と呼ばれています。