PAGE TOP

【うち漢方】魚際(ぎょさい)|光和堂薬局

|魚際(ぎょさい)

  • 魚際が所属する経絡

    手の太陰肺経

魚際の効能

胃腸の調子が悪くなって、下痢などの症状がある場合には、このツボの周辺に、青いすじが現れてきます。

また、肝臓の働きがかなり低下してくると、この部分が赤くなってきます。魚際は、胃腸や肝臓と関わりがとても強く、暴飲暴食などで消化機能が衰えたときに、このツボを刺激すると効果があります。消化器以外の症状では、頭痛めまい動悸、発熱、のどの痛み、乳腺炎などに効果があるとされています。

さらに、精神をリラックスさせ、イライラ不安感などを沈静化してくれます。

魚際の位置

親指の根元にある手のひらのふくらみで、手のひらと手の甲との皮膚の境目にあります。親指の骨(指骨)と手根の骨(人菱形骨)をつないでいる中間の骨(第一中手骨)の中間の点で、その外側にあります。この部分を押さえると、骨のかたさを感じることでしょう。

魚際の由来

「際」は辺縁を意味しています。このツボは、手足の背側面、掌側面の境の所にあります。筋肉が盛り上がり、魚のお腹に似ているので、魚際と名が付きました。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。