PAGE TOP

【うち漢方】肺兪(はいゆ)|光和堂薬局

|肺兪(はいゆ)

  • 肺兪が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

肺兪の効能

肺の機能を調幣するツボなので、風邪や気管丈炎、鼻炎、花粉症に効果があります。

また、呼吸器疾患以外にも、頭痛、動悸、息切れ、胸痛などの治療に用いられます。そのほか、糖尿病、疲労による全身倦怠感、黄疸、心身症などにも有効です。

さらに、しみやそばかすといった肌のトラブルにも効果があります。

肺兪の位置

肩甲骨の内側、背骨にある第三胸椎きょく突起(椎骨の後端が突出している部分)の下縁を挟んだ両側で、体の真ん中(後正中線)から親指幅一本半分外側に位置しています。

肺兪の由来

「兪」は、背骨の両脇に並んでいるツボを言います。運ぶという意味があります。東洋医学(漢方)では、邪気が進入する、又は追い出すツボを、兪穴と呼んでいます。つまり、このツボは、肺の邪気を守り、そして追い出すツボなのです。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。