PAGE TOP

【うち漢方】白環兪(はくかんゆ)|光和堂薬局

|白環兪(はくかんゆ)

  • 白環兪が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

白環兪の効能

遺尿、油気、帯下、月経障害、冷えによる下半身の痛み、便秘、脱肛などに効果があります。

また、脊髄性麻痺による大小便不通、半身不随、肛門痙攣、子宮内膜炎に有効です。

白環兪の由来

「環」は巡る、まわるの意味です。足の太陽膀胱経の支脈が腰部から脊柱を挟み、外側を下降し殿部を貫き、このツボの後ろに至って再びぐるりと巡ってきます。上膠まで到達します。

また「環」が玉などの貴重品、「白」が婦人の帯下や男性の精液を指し、男性器や婦人科の疾患を主治とするのでこの名が付いたとも言われています。

「兪」は「兪穴」を意味します。背骨の両脇に並んでいる兪穴は、病気の原因となる邪気が体内に侵入するのを防ぐ役割があります。