PAGE TOP

【うち漢方】胞肓(ほうこう)|光和堂薬局

|胞肓(ほうこう)

  • 胞肓が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

胞肓の効能

膀胱炎や尿道炎、尿路結石などによる排尿困難や排尿痛などに効きます。

また、生殖器系の症状、とくに婦人科系の症状に効果があるツボです。下腹部の張りや痛み、冷え症、頭痛、こり、腰痛などの症状がみられるときには、このツボを使います。

そのほか、便秘や殿部の痛みなどにも用いられます。

胞肓の位置

仙骨部をさすったときに、上から二番目に触れるくぼみ(第二後仙骨孔)と同じ高さで、仙骨の真ん中の隆起(正中仙骨稜)から親指の幅三本分外側にあります。ここを指で押さえて左右に動かすと、お尻全体に痛みが感じられるでしょう。

胞肓の由来

「胞」は、膀胱を指しています。「肓」は、膀胱を包んでいる膜の意味です。このツボは膀胱兪の両側、膀胱と脂膜の間にあり、膀胱の疾患を治すことからこの名が付けられました。