PAGE TOP

【うち漢方】陰郄(いんげき)|光和堂薬局

|陰郄(いんげき)

  • 陰郄が所属する経絡

    手の少陰心経

陰郄の効能

狭心症、心悸充進症など心臓の急性症状に効きます。動悸や息切れ、めまいにも効きます。

また、みぞおちの痛みや鼻づまり、眼精疲労、のぼせ、頭痛などの治療にも、このツボが用いられます。鼻血や胃出血の止血にも使われます。

陰郄の位置

手のひらを上にしたときに、手首の横じわ(手関節掌側横紋)の小指側をさぐると、豆のよな骨(豆状骨)を見つけることができます。そこからひじの方に向かって、親指の幅半分上がったところにあります。

陰郄の由来

「陰」は、陰陽の陰を表します。ここでは手のひら側の少陰経を意味しています。これに対して「郄」はすき間を意味します。郄穴は、四肢の深いところの隙間に位置し、気が集結しているツボで、全部で16個あります。急性の治療によく用いられます。