PAGE TOP

【うち漢方】陰谷(いんこく)|光和堂薬局

|陰谷(いんこく)

  • 陰谷が所属する経絡

    足の少陰腎経

陰谷の効能

おりものが多い場合、インポテンツ(ED)など、男女の性器の疾患に有効なツボです。

男性の場合は、陰嚢や陰部のはれ、女性の場合は月経障害や不正出血などの症状に効果を発揮します。また、大腿部の肉離れ、ひざの関節炎や関節リウマチ、腎機能の低下、精力減退などの治療にもよく使用されます。

さらに、腰を抜かした状態(正確には、ひざの力が抜けた状態)のときなどに、このツボを刺激すると、しゃきっとします。

陰谷の位置

ひざを半分ぐらい曲げるとひざの後ろに横じわができます。陰谷はそのしわの内側の端、足の親指側の側面にあります。

陰谷の由来

「陰」は、陰陽の陰、つまり体の裏側を意味しています。ここでは、足の後ろ側になります。「谷」は、渓谷などのように、落ちんだくぼみを示しています。つまり陰谷という名前は、谷のようなひざの裏のくぼみを意味しています。