PAGE TOP

【うち漢方】陰交(いんこう)|光和堂薬局

|陰交(いんこう)

  • 陰交が所属する経絡

    任脈

陰交の効能

主に、婦人科系の病気に用いられます。下腹部が冷えて痛むときや、産後のおりものが止まらないとき、月経障害などによる腰痛にも効果があります。

そのほか、腎臓病や慢性の下痢、坐骨経痛などの治療にも使われます。

陰交の位置

下腹部の前中立線上で、おへその中央から親指の幅一本分下がったところにあります。

陰交の由来

「陰」は、日が当たらない場所を指します。「交」は、交差する場所を意味します。陰陽の陰に分類されている経絡が交差する所という意味から、この名が名付けられました。