PAGE TOP

【うち漢方】陰包(いんぽう)|光和堂薬局

|陰包(いんぽう)

  • 陰包が所属する経絡

    足の厥陰肝経

陰包の効能

生理痛などの婦人科疾患に用いられます。

陰包の由来

大腿部の内側は「陰」です。包容する、包んで貯蔵することを「包」といいます。陰包とは、足の蕨陰肝経の気が両太腿の内側に深く潜行するので、この名が付きました。