PAGE TOP

【うち漢方】陰廉(いんれん)|光和堂薬局

|陰廉(いんれん)

  • 陰廉が所属する経絡

    足の厥陰肝経

陰廉の効能

婦人病によく効くツボです。とくに不妊症に効果があるとで知られています。

また、膀胱炎にも効果を発揮します。腰や腹部足などの冷えにも効果があるので、冷房病の治療にも用いられます。

ほかにも、精巣炎、閉鎖神経痛、腰痛、下肢の痛み、下腹部の膨感、インポテンツ(ED)などに効果があります。女性の不感症にも有効とされています。

陰廉の位置

体の真ん中(前正中線)から親指の幅二本分外側にある鼠径部の「気衝」を基点にして、親指の幅二本分下がったところの大腿内側にあります。

陰廉の由来

大腿部の内側は「陰」です。角、すみ、傍らのことを「廉」といいます。このツボは、足の厥陰に属していて、股関節の内側、陰部の傍らにあるので、陰廉と呼ばれています。