PAGE TOP

【うち漢方】陰陵泉(いんりょうせん)|光和堂薬局

|陰陵泉(いんりょうせん)

  • 陰陵泉が所属する経絡

    足の太陰脾経

陰陵泉の効能

足、ひざ、腰の疾患や、胃腸障害、泌尿器や生殖の疾患に使われます。

例えば、ひざの痛み、腹痛、下痢、食欲不振、脇腹の重苦しさ、遺尿症、尿量の減少、のぼせに効きます。また、婦人病に効果的です。

このほか、糖尿病や腰痛、湿疹などにも、このツボが効きます。陰という文字が示すように、体の冷えによく効くツボです。

陰陵泉の位置

むこうずねの筋肉のない骨(脛骨)のきわを指でさぐり、上方にたどっていくと、脛骨の出っぱり(脛骨内側か)にいきあたります。この部分が、脛骨内側かの下ヘりと脛骨の後へりが接するところになります。

陰陵泉は、この頸骨後へりの角のくぼみにあります。

陰陵泉の由来

「陰」は、陰陽の陰です。東洋医学(漢方)では、人体の正面側や表に出ている側を陽、裏側や内側になるところを陰と呼びます。このツボは、ひざの下の内側にあるため、陰という字がつけらました。「陵」は、丘のように盛り上がったところという意味です。「泉」は、気血の湧き出るところを意味します。

このツボ名は、ひざの下の内側の筋肉の盛り上がった場所にあり、気血が湧き出るところを表しています。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(一部執筆)しています。参考文献