PAGE TOP

【うち漢方】次髎(じりょう)|光和堂薬局

|次髎(じりょう)

  • 次髎が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

次髎の効能

上膠とともに、骨盤内臓器の病気や泌尿器の病気に有効なツボとされています。とりわけ女性の月経の不調が原因となって起こるイライラや足の冷え、下腹部の痛みに効果があります。

次膠を刺激して、月経を順調にすれば、これらの症状も改善されます。そのほか、便秘、下痢、尿量の減少、血尿、排尿痛など、排尿・排便に関連した症状に効きます。

また、腰痛のツボとしても有名です。

次髎の位置

仙骨部をさすったときに、上から二番目に触れるくぼみ(第二後仙骨孔)の中にあります。腰の両端にある出っ張った大きな骨(腸骨)の上に沿って、指で下の方にさぐっていくと、腸骨下端の隆起(上後腸骨きょく)に触れます。

第二後仙骨孔は、この上の後腸骨ちょくの下へりと仙骨の真ん中の隆起(正中仙骨稜)との間のくぼみにあります。

次髎の由来

殿部の中心には仙骨という平らな骨があります。そこには左右一対となった小さなくぼみが四対並んでいます。この四対のくぼみには、それぞれ「膠穴」と呼ばれるツボがあります。左右合わせて八つあることから、八膠穴と呼ばれています。

一番上の上膠の次にある膠穴なので、次膠と呼ばれています。腰にある「膠」の文字がつくツボのなかでは、最も重要な働きをするツボです。