PAGE TOP

【うち漢方】上巨虚(じょうこきょ)|光和堂薬局

|上巨虚(じょうこきょ)

  • 上巨虚が所属する経絡

    足の陽明胃経

上巨虚の効能

便秘、下痢、食欲不振、腹鳴、腹痛など、胃腸の様々な症状に効果があります。

足・ひざ・腰のだるさや痛み、下肢の脱力や麻痺、むくみなどにも活用されます。

上巨虚の位置

膝の皿(膝蓋骨)の下の外側のくぼみにある「憤鼻」から、親指の幅六本分下がったところにあります。この部分は、脛骨と誹骨の間にある筋肉(前脛骨筋)の上であり、足三里を基準にすれば、親指の幅三本分下がったところになります。

上巨虚の由来

「上」は上部を指します。「巨」は大きい、「虚」は隙間の意味です。大きな隙間にあるツボです。また、下巨虚の上方で脛骨と誹骨の間の大きな隙間にあることからこの名が付きました。

「巨」は大腸のことを意味しており、大腸疾患で邪気が腸内に留まったり、血が滞った場合に、上巨虚は邪気や血を取り去り、気血の流れを通じさせることができるツボです。