PAGE TOP

【うち漢方】角孫(かくそん)|光和堂薬局

|角孫(かくそん)

  • 角孫が所属する経絡

    手の少陽三焦経

角孫の効能

目の疾患では結膜炎など、耳の疾患では耳鳴りや耳の痛みなどに効果があります。歯では、むし歯や歯周炎の症状をやわらげます。頭部から首すじかけてのこわばりにも有効です。

頭痛・頭重があるときや、めまい、立ちくらみを感じたときにも効きます。

角孫の位置

耳全体を前に折り、耳の穴をふさぐようにかぶせたとき、耳の一番上が当たるところにあります。また、口を開けたり閉じたりすると、くぼみができるところがありますが、そこが角孫です。

角孫の由来

「角」は、耳の上にあるかどを意味します。「孫」は、孫絡(基幹となる経絡から分岐した経絡)」つまり孫脈から転じて、つなぐという意味があります。角孫というツボ名は、耳の上の角にあって、経絡とつながっていることに由来しています。