PAGE TOP

【うち漢方】関元(かんげん)|光和堂薬局

|関元(かんげん)

  • 関元が所属する経絡

    任脈

関元の効能

様々な内臓の機能を、調整する働きがあり、広範囲の病気の治療に応用されます。胃炎や過性腸症候群など胃腸疾患によく使われます。

また、月経痛や月経障害、子宮内膜症、冷え症など、女性特有の病気にも効果を発揮します。

そのほか、頻尿やむくみといった泌尿器系の症状、粘力減退、円形脱毛症、うつ病、不眠症、高血圧症にも効果があります。

関元の位置

下腹部の前正中線上で、おへそから親指の幅三本分下がったとこにあります。

関元の由来

「関」は、関所、重要な場所を指します。「元」は、元気の元です。このツボは臍下丹田の位置にあり、人体の真気、元気が生まれる所で、呼吸の源に当たります。全身の臓肺、経絡の根本でもあるので、関元と呼ばれています。