PAGE TOP

【うち漢方】血海(けっかい)|光和堂薬局

|血海(けっかい)

  • 血海が所属する経絡

    足の太陰脾経

血海の効能

血海は、血液の循環をよくすることで、女性特有の血の病状を改善します。血にまつわる症状は多彩で、前述の頭痛動悸なども含まれます。

月経障害や月経痛、不正出血、むくみめまい耳鳴り、顔面紅潮、肩こり、発汗、興奮状態が続く、不眠、脱力感などがあげられます。またひざの周囲にあるので、変形性膝関節症によるひざの痛みなどにも効きます。

貧血湿疹、皮膚炎にも有効です。

血海の位置

大腿部の前面の内側で、ひざの皿の上端(膝蓋骨底)の内へりから親指の幅二本分上がったところにあります。足をピンと伸ばしてひざに力を入れると、ひざの内側にくぼみができます。血海は、このくぼみの上です。

血海の由来

「血」は、血液・血流・血の道を意味します。「海」は、大量に集まる場所を示しています。つまり血海は、血が大量に集まるところで、血の症を治すツボということから名付けられました。

東洋医学(漢方)では、血は気とともに経絡を流れ、その循環が停滞すると、様々な症状が引起こされるとしています。血の道症とは、月経や出産に関連して起こる頭痛動悸冷えのぼせといった症状の総称です。ちなみに、血の停滞を改善する血海に対して、気の停滞を治すツボとして「気海」があります。



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。