PAGE TOP

【うち漢方】肩髃(けんぐう)|光和堂薬局

|肩髃(けんぐう)

  • 肩髃が所属する経絡

    手の陽明大腸経

肩髃の効能

最も多く使われるのが、五十肩や頸肩腕症候群など、肩の関節に関連する症状です。野球やテニスなど、スポーツのやりすぎで起こる肩関節痛みにも効果があります。間接リウマチにも用いられます。

また、失神、じんましん、歯痛などのほか、中風にもよいツボです。

肩髃の位置

腕を真横に上げると、肩の先端に二つのくぼみができます。このツボは、このうちの前のくぼみにあります。この部分は、肩峰の外へりの前端上腕骨太結節の間にできたくぼみです。

肩髃の由来

「髃」は、骨と骨の問の隙間を指します。肩甲骨と同じ意味です。肩甲骨と上腕骨のくぼみにあるのでこの名が付きました。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(一部執筆)しています。参考文献